不整脈⑦ 心室細動


不整脈7回目は心室細動です。

心室細動 VF (ventricular fibrillation)

無秩序な多数の刺激発生により心室が震えたような状態になります。
心拍が消失し心拍出量はほぼゼロになり、数秒で意識消失します。
無治療では呼吸停止から死に至ります。

心電図所見:
①HRは測定不能
②P波・QRS・T波はなし
③不規則な波形
④基線が上下に揺れる

心室細動を生じる疾患:
PVC、Brugada症候群、QT延長症候群、TdP、VT、心筋梗塞、電解質異常など

急性期治療:
直ちに心肺蘇生と除細動を行います。
静脈ラインの確保、気管挿管を行います。
薬剤投与(エピネフリン、アミオダロン、リドカイン)を行い、除細動を継続します。
調律が回復するか、心肺蘇生を中止するまで継続します。

慢性期治療:
突然死予防のためICDの植込み、再発防止に薬物治療。

みなさん、今日もお疲れ様でした。

コメント