心電図⑪ T波

※プロモーションを含みます

11回目はT波です。

T波

心室の再分極(主な再分極相)を表します。
正常値 高さ 10mm以下、幅0.10~0.25秒
通常、非対称性


Ⅲ、V1の単独の陰性T波、平坦T波はほぼ問題ありません。(これらの誘導は正常軸のはずれにあるため。)
(aVLでは急性下壁梗塞時に下壁領域の波形変化に先行して陰性T波やST低下がみられることがあります)

T波の増高(上昇)

基線(等電位線)からT波の高さを測ります。
T波の増高(上昇)…肢誘導で5mm以上、胸部誘導で10mm以上

T波が増高(上昇)する疾患・病態

STが上昇する疾患と似ています

高カリウム血症
異型狭心症
心筋梗塞
心膜炎
早期再分極
くも膜下出血
左脚ブロック
左室拡大
WPW症候群
生理的なST-T上昇
心室ペーシング

テント状T波

高カリウム血症でみられます。
幅が狭く左右対称の尖鋭なT波。(高さは正常or増高)

陰性T波

5mm以上の陰性T波は疾患の可能性が高いです。

陰性T波になる疾患・病態

たこつぼ型心筋症 たこ
陰性T波 くぼみ
くも膜下出血(脳血管障害) SAH
左室肥大、右室肥大 Left/Right ventricular hypertrophy (strain)
心筋梗塞、狭心症 Ischemia
肺塞栓症(急性肺性心) Pulmonary embolism

ゴロ 陰性T波
陰性T波になる疾患の頭の文字を並べて
たこがくぼみでSL(R)IP

陰性T波になる疾患・病態 中級レベル~

肥大型心筋症 肥大
褐色細胞腫 褐色
たこつぼ型心筋症 たこ
陰性T波 くぼみ
くも膜下出血(脳血管障害) SAH
左室肥大、右室肥大 Left/Right ventricular hypertrophy (strain)
心筋梗塞、狭心症 Ischemia
肺塞栓症(急性肺性心) Pulmonary embolism
脚ブロック 脚
Brugada型心電図 coved型 コブ
低カリウム血症 てか
ジギタリス中毒 たりーッス
WPW症候群 w
Wellens症候群 w
+α(若年性T波パターン、非特異的ST-T変化、頻拍発作の停止直後、心室ペースメーカー停止後、過換気症候群)

※aVLの陰性T波は異常の場合があります。(下壁梗塞のミラーの場合があります)

ゴロ 陰性T波
陰性T波になる疾患の頭の文字を並べて
肥大した褐色のたこがくぼみでSL(R)IPして 脚にコブ 「てか、たりーっす」 ww(ワロタ)

若年性T波パターン 若年型T波パターン Juvenile T wave pattern

若年女性(通常、40歳以下)のV1~V3の5mm未満の非対称性陰性T波やフラットT波。小児期のなごり。通常は問題ありません。
虚血の陰性T波は対称性で深い、若年性T波パターンは非対称性で浅い。

巨大陰性T波

10mm以上の陰性T波

巨大陰性T波になる疾患・病態

(心尖部)肥大型心筋症
褐色細胞腫
たこつぼ型心筋症
くも膜下出血
心筋梗塞、特に非Q波心筋梗塞(心内膜下梗塞)

平坦T波

病的意義はあまりありません。

平坦T波になる疾患・病態:
低カリウム血症(平坦T波~陰性T波、ST低下、QT延長も)
心筋梗塞の経時変化
生理的なもの

非特異的T波異常、非特異的ST-T変化(異常)
T波は健常人でも体位、運動、過呼吸などにより変化します。1回の心電図で診断出来ない場合は経過を追っていくことも必要です。

二相性T波

正常小児心電図、Wellens症候群などでみられます。

二峰性T波

T波の中にP波が重なるときに見られます。
洞性頻脈など。

皆さん、今日もお付き合いありがとうございました。

コメント