心電図① 心電図 心電図の基本波形と正常値

※プロモーションを含みます

1回目は心電図 心電図の基本波形と正常値です。

心電図…心筋の活動電位の時間的経過を体表面上で記録したもの。

心電図波形

心電図波形の正常値
50/分≦HR<100/分
P波…Ⅱ誘導で幅3mm未満、高さ2.5mm未満
PR時間…0.12~0.20秒
Q波…幅1mm未満、深さR波の1/4未満
QRS幅…0.10秒未満
R波…V5とV6でR波の高さが2.6mv以下、V1のS波の深さとV5のR波の高さの合計が3.5mv以下
T波…肢誘導:高さ5mm以下 胸部誘導:高さ10mm以下 幅0.10~0.25秒
QTc(QT/√RR)…
男性 0.36≦QTc≦0.44
女性 0.36≦QTc≦0.46
QRS電気軸…-30°~+90°(40歳以上)

P波 心房の脱分極(興奮)
PR時間 心房の脱分極から心室の脱分極までの時間
QRS 心室の脱分極(興奮)
ST 心室の再分極(プラトー相)
T波 心室の再分極(主な再分極相)
QT時間 心室の脱分極から再分極終了までの時間

心電図の説明の目次

心電図の説明 全13回(不整脈を除く)
①心電図 心電図の基本波形と正常値
②12誘導心電図での正常波形
③電気軸 右胸心 移行帯
④刺激伝導系 調律 P波 PR
⑤Q波 心筋梗塞(前半)
⑥冠動脈 心筋梗塞(後半)
⑦QRS R波 心室肥大 S波
⑧脚ブロック 右脚ブロック 左脚ブロック
⑨ST ST上昇 STが上昇する疾患
⑩ST低下 STが低下する疾患 狭心症
⑪T波
⑫QT時間 TdP U波
⑬電解質異常 カリウム、カルシウム

今日は以上です。お疲れ様でした。

コメント