ER心電図応用編

*プロモーションを含みます

判読ER心電図: 実際の症例で鍛える Ⅱ 応用編
臨場感ある、実際のER心電図を使った判読トレーニング書。第2弾となる「応用編」では、より判読が難しい症例を多く扱う。200枚の心電図と明解な解説により、基本的な心電図解釈法も繰り返し復習できる。

ER心電図応用編の難易度

ここは個人的感想です
捨て問? 151
不適切問題? 174、176、186

ER心電図の解説を理解するために

心筋梗塞の部位と対応する誘導(ST上昇や異常Q波が出現)

中隔…V1V2
前壁…(V2)V3V4
前壁中隔…V1V2V3V4 or V1V2V3
側壁…ⅠaVL・V5V6
高位側壁…ⅠaVL
(下位)側壁…V5V6
下壁…ⅡⅢaVF
右室…V1
☆後壁…V1V2でR波増高

ER心電図では下記の誘導の解釈が少し違う場合があります
前側壁(前壁側壁)…ⅠaVL・V3~V6 (ⅠaVL・V4~V6の場合も)
広範前壁(広汎前壁)…ⅠaVL・V1~V6 (ⅠaVL・V1~V5の場合も)
下側壁(下壁側壁)…ⅠⅡⅢaVLaVF・V5V6 (ER心電図ではⅡⅢaVF・V5V6のことも)
“前壁中隔+高位側壁”はⅠaVL・V1~V4

以下は臨機応変に考えましょう
ⅠaVL・V2~V6…広範前壁でよさそう (V1がひとつ欠けるイメージ)
Ⅰ・V1~V6…広範前壁でよさそう (aVLがひとつ欠ける)
V3~V6…前壁+(下位)側壁
V1~V6…前壁中隔+(下位)側壁 (前側壁とされる場合も!?)

ER心電図応用編の解答修正

5 HR20→HR約30
40 前壁梗塞→前壁中隔梗塞
42 追加 急性(下位)側壁梗塞
52 左室高電位→左室高電位ではなさそう
57 HR105→HR約77
68 促進性房室接合部頻拍→房室接合部頻拍
89 左脚後枝ブロック→単に右軸偏位
90a) 小さいR波増高不良→R波増高不良
90b) 急性前側壁梗塞→厳密には急性前壁中隔梗塞+急性高位側壁梗塞
91 追加 右軸偏位
94 急性前壁梗塞→急性前壁中隔梗塞では?
96 洞調律→洞性徐脈 急性下側壁梗塞→急性下壁梗塞+急性下位側壁梗塞か
110 追加 左軸偏位
117 側壁梗塞→(下位)側壁梗塞
123 追加 HR約70
125 左脚後枝ブロック→単に右軸偏位
150 追加 HR約80
158 HR90→HR約44
165 追加 HR約93
174 追加 肢誘導の低電位
176 前側壁梗塞→前壁中隔梗塞か
179 促進性房室接合部性期外収縮→促進性房室接合部調律
182 前側壁梗塞→前壁中隔梗塞か
188 追加 HR約83
191 PVC三段脈→PVC二段脈 追加 WPW症候群
193 左脚前枝ブロック→単に左軸偏位

P16 問12の解説 QRS幅の狭い→QRS幅の広い
P186 目次 心房性頻拍症(VT)→(AT)

ER心電図応用編の心筋梗塞問題

ST変化や異常Q波などの所見を拾いました

19c)d) 急性心筋梗塞を示唆するST部分の上昇
[ST上昇:モニター心電図]

21 急性心筋梗塞を示唆するST部分の上昇
[ST上昇:モニター心電図]

26 発症時期不明の中隔梗塞
[異常Q波:V1V2 陰性T波:V1]

40 急性前壁梗塞、発症時期不明の下壁梗塞、右脚ブロック
[ST上昇:V1~V5 異常Q波:(Ⅱ)ⅢaVF 陰性T波:V1V2(右脚ブロックによる)]

42 急性下後壁梗塞、右室梗塞の可能性 急性側壁梗塞もあるか
[ST上昇:ⅡⅢaVF・V4V5(V6) ST低下(ミラー):Ⅰ(aVR)aVL・V1V2 q波・異常Q波:ⅡⅢaVF R波増高:V2V3]

44 急性下後壁-側壁梗塞
[ST上昇:ⅠⅡaVF・V5V6 ST低下:V1~V3(ミラー) R波増高:(V2)V3 (急峻なT波:V2V3)]

51 発症時期不明の前壁中隔梗塞、下壁および前壁の虚血、左冠動脈主幹部閉塞が示唆される
[ST上昇:aVRaVL・V1 ST低下:ⅡⅢaVF ST-T低下:V3~V5(V6) 異常Q波:V1V2 q波:aVL 陰性T波:aVRaVL]

53 急性前壁中隔梗塞、左冠動脈主幹部閉塞の可能性
[ST上昇:aVRaVL・V1V2 ST低下:ⅡⅢaVF・V4~V6 異常Q波?:aVL]

59 急性側壁梗塞 →急性高位側壁梗塞か
[ST上昇:ⅠaVL ST低下:ⅡⅢaVF]

(65 下後壁梗塞、および側壁梗塞の可能性←右胸心によるもの)
[small q波:ⅠⅡⅢaVLaVF 陰性T波:ⅠⅡⅢaVLaVF・V1~V6 R波増高:V1]

69 急性下側壁梗塞、後壁梗塞合併の可能性、発症時期不詳の前壁中隔梗塞
[ST上昇:ⅡⅢaVF・V6 ST低下:V1~V3 異常Q波:ⅠaVL・V1〜V3]

73 急性前側壁梗塞、発症時期不詳の下壁梗塞
[ST上昇:Ⅰ(aVL)Ⅱ・V3~V6 異常Q波:ⅠⅡⅢaVLaVF・V3~V6 reversed r progression]

(74 びまん性虚血、急性後壁梗塞の可能性←エピネフリンによる心電図変化のよう)
[ST低下:ⅡⅢaVF・V3~V6 R波増高:Ⅲ・V2V3]

76 急性下後壁・側壁梗塞
[ST上昇:ⅡⅢaVF・V5V6 ST低下(ミラーなど):ⅠaVL・V1~V3 q波?:aVL]

77 急性前壁梗塞 +側壁の虚血
[ST上昇:V1~V4 ST低下(ミラー):ⅡⅢaVF 二相性T波:aVL T波増高:V2V3 異常Q波:aVL・V1V2 poor r progression]

78 発症時期不詳の前壁中隔梗塞、下側壁梗塞、左冠動脈主幹部閉塞の可能性
[ST上昇:aVRaVL・V1V2 ST上昇:V1 ST低下:ⅡⅢaVF・V4~V6 異常Q波:aVL・V1V2 poor r progression]

79 急性前側壁梗塞
[ST上昇:ⅠaVL・V2~V6 ST低下:ⅡⅢaVF・V1 異常Q波?:V1V2]

80 急性前側壁梗塞、および発症時期不詳の下壁梗塞の可能性
[ST上昇:ⅠaVL・V2~V5 異常Q波:Ⅲ・V1~V4 T波増高:V2V3]

90b) 急性前側壁梗塞(前壁中隔+高位側壁か)
[ST上昇:ⅠaVL・V1~V4(あまり目立たない) 異常Q波:ⅠaVL・V1V2 陰性T波:ⅠaVL・V1 二相性T波?:V2〜V4]

93a) 急性下側壁梗塞、後壁梗塞の可能性
[ST上昇:ⅡⅢaVF・V5V6 ST低下:aVL・V1~V4 R波増高:V2V3]

93b) 急性後壁梗塞
[ST上昇:V8V9 ST低下:RV4]

94 急性前壁梗塞→急性前壁中隔梗塞、右脚ブロック
[ST上昇:(V1)V2~V5 異常Q波:V1V2 陰性T波:aVL・V1V2(V1V2は右脚ブロックによる)]

96 急性下側壁梗塞、後壁梗塞の可能性 →急性下壁梗塞、急性下位側壁梗塞、後壁梗塞の可能性か
[ST上昇:ⅡⅢaVF・V5V6 ST低下(ミラーなど):(Ⅰ)aVL・V1~V4 異常Q波:ⅢaVF]

99a) 急性下壁梗塞および後壁梗塞の可能性、側壁の虚血
[ST上昇:ⅡⅢaVF ST低下:aVL・(V2)V3 ST-T低下:V4~V6 異常Q波:ⅡⅢaVF 陰性T波:ⅡⅢaVF R波増高?:V3]

99c)
[ST上昇:5~7(右室梗塞) 72~77(後壁梗塞)]

102 発症時期不明の下後壁梗塞、前壁梗塞
[異常Q波:ⅡⅢaVF small q波:V4~V6 平坦T波~陰性T波:Ⅰ~ⅢaVRaVLaVF・V4~V6 高めのR波:V1(V2) R波減高:V3V4]

108a) 前壁中隔の虚血あるいは発症早期の急性後壁梗塞
[ST低下:V2V3]

108b) 急性後壁梗塞として矛盾しない後壁誘導所見
[ST上昇:V8V9]

109 急性下壁梗塞
[ST上昇:ⅢaVF ST低下:ⅠaVL 異常Q波?:V1 陰性T波:V1]

111 急性虚血あるいは心筋梗塞として矛盾しないST部分の異常、左脚ブロック
[5mm以上のST上昇:V2~V4 ST-T低下:ⅠaVL・V5V6(左脚ブロックによる) q波・異常Q波:ⅠaVL・V5V6]

112 急性虚血あるいは心筋梗塞として矛盾しないST部分の異常、左脚ブロック
[1mm以上のST上昇:ⅠaVL・V5V6 5mm以上のST上昇:V1V4 q波・異常Q波:ⅠaVL・V5V6]

(113 急性前壁中隔梗塞あるいは心室瘤←結果として心室瘤だった)
[異常Q波:V1~V3 ST上昇:? 二相性T波?:V1~V3 平坦T波:?]

115 急性前側壁梗塞
[ST上昇:ⅠaVL・V2~V6 ST低下(ミラー):(Ⅱ)ⅢaVF 異常Q波:V1V2]

117 急性下前壁梗塞、側壁梗塞→下位側壁梗塞か
[ST上昇:ⅡⅢaVF・V3~V6 ST低下:aVL 異常Q波:ⅡⅢaVF・V4~V6]

118 急性虚血あるいは心筋梗塞として矛盾しないST部分の異常、左脚ブロック
[ST上昇:V1~V3(V1V3は5mm未満、V2は5mm以上) ST低下:ⅡⅢaVF ST-T低下(左脚ブロックによる):ⅠaVL・V6]

130 急性前壁中隔梗塞
[ST上昇:aVR・V1~V3 ST低下(ミラー):ⅠⅡaVLaVF・V4~V6 陰性T波:V1~V3]

133 急性前壁中隔および下壁梗塞
[ST上昇:ⅡⅢaVF・V1~V4 ST-T低下:aVL]

141 急性後壁梗塞
[ST低下:V1~V4(V5) R波増高:V2V3 急峻なT波:V2V3]

143 発症時期不明の下側壁梗塞、右脚ブロック
[ST-T低下:aVL・V1~V3(V1~V3は右脚ブロックによる) 異常Q波:ⅡⅢaVF・V5V6 陰性T波~平坦T波:Ⅰ]

(147 発症時期不明の下壁梗塞の可能性、下壁および前壁中隔の虚血として矛盾しないT波の異常←結果的にPEだった)
[SⅠQⅢTⅢ 異常Q波:Ⅲ small q波:aVF 陰性T波:Ⅲ・V1~V3 二相性T波:V4 poor r progression]

150 急性後壁梗塞の可能性
[ST低下:V1~V3 (急峻なT波:V2V3)]

152 急性心筋虚血あるいは心筋梗塞によるST部分の異常、左脚ブロック
[1mm以上のST上昇:aVL?・V5V6 ST上昇:V1~V4(左脚ブロックによる) ST低下:ⅡⅢaVF 陰性T波~平坦T波:aVL]

159 急性下壁梗塞
[ST上昇:ⅡⅢaVF ST低下(ミラー):ⅠaVL・V1~V6]

161 急性下後壁梗塞
[ST上昇:ⅡⅢaVF ST低下:ⅠaVL・V1~V6 R波増高:V2V3 急峻なT波:V2V3]

163 発症時期不詳の下壁および側壁梗塞の可能性
[異常Q波:ⅢaVF・V6微妙 R波増高:V5V6]

164 急性心筋虚血あるいは心筋梗塞に一致したST部分の異常、左脚ブロック
[ST低下:ⅠⅡaVLaVF・V3~V6 左脚ブロックあり Sgarbossaあり]

165 急性下壁梗塞、急性右室および後壁梗塞の可能性
[ST上昇:ⅡⅢaVF ST低下:ⅠaVL・V1V2(V3) R波増高:V2V3]

168 発症時期不詳の下壁および前側壁梗塞、右脚ブロック
[ST-T低下:V1~V3(右脚ブロックによる) 異常Q波:ⅡⅢaVF・V2V3(V1~V3のsmall q波は異常Q波) R波減高:V4~V6 平坦T波:ⅢaVF・V4]

169 急性下後壁梗塞、急性右室梗塞の可能性
[ST上昇:ⅡⅢaVF ST低下(ミラー):ⅠaVL・V2V3 q波:Ⅲ R波減高:V2V3 平坦T波:V1]

171 発症時期不詳の前壁中隔梗塞、下壁梗塞の可能性、側壁の虚血、ジゴキシン中毒を示唆する調律
[異常Q波:ⅢaVF・V1~V4 陰性T波:ⅠaVL・V6 R波減高:V4~V6]

176 発症時期不詳の前側壁梗塞→前壁中隔梗塞か
[異常Q波:V1V2 poor r progression]

182 発症時期不詳の前側壁および下壁梗塞→前壁中隔および下壁梗塞か
[異常Q波:V1 small q波:ⅢとⅡ?aVF? poor r progression]

191 前壁虚血あるいは急性後壁梗塞 +WPWあり
[ST低下:V2V3(WPWの二次性変化の範囲を超えて虚血や梗塞が疑われる) 異常Q波:ⅡⅢaVF(WPWによるもの) R波増高:V2V3]

197 発症時期不詳の前側壁梗塞でありST部分の上昇が継続し、急性心筋梗塞あるいは心室瘤が示唆される
[ST上昇:V2~V5(V6) 異常Q波:ⅠaVL・V1~V5 二相性T波:V2~V6 陰性T波~平坦T波:aVL・V1]